<   2009年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

明日10月1日、恵比寿に天麩羅のお店がリニューアルオープン致します。

名前は、超渡邉。

僕は、この名前が大好きです。

僕も将来、超天野になりたいです。

a0137021_2150888.jpg

鶏天麩羅の店 超渡邉
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-14-1 サンライズビル2F
℡ 03-5459-2756
営業時間 18:00~24:00 
定休日 月曜日

恵比寿周辺に行った際は、是非とも足を運んでみてください。

僕も必ず行きたいお店です。

なべさん、あやちゃん、身体を壊さない程度に頑張ってくださいね!
[PR]
by guilty_parties | 2009-09-30 21:50
【お箸は食べ物です】

単なる食器で終わらない。

兵左衛門は『安心・安全』を合言葉に、妥協しないお箸づくりを続けてます。
毎日使うものだから、
コストのためにお箸一膳の安全性も犠牲にしません。

【お箸は食べ物。】
これが兵左衛門のポリシーです。

こだわりが半端ないぶらんどです。

ほんの一例です。

【折れたバットをお箸に】
プロ野球などでは年間20万本もの木製バットが消費されてます。
いままでは、試合などで使用された後、そのすべてが燃やされていました。
木製バットの主な素材になっているのは、育てるのに70~80年かかるアオダモという木。
兵左衛門は、貴重なアオダモを箸に再生させることを思いつきました。
いまでは、『折れたバット』を年間約2万本回収しています。
『しなりがある』『固い』『目が細かい』などの特徴をもつ、『箸』の素材として最適なアオダモを使用し、
美しく個性的に仕上げました。
a0137021_20202279.jpg

a0137021_20244178.jpg

a0137021_20224135.jpg


なんと、購入した箸に『名前』を入れて頂けます。
a0137021_20283688.jpg


今回は、エキュートでのイベントの様子です。

路面店が広尾にあるそうです。興味のある方は、こちら

今回の撮影はきちんと許可を頂いております。通常、店内の撮影はNGですので、あしからず。
[PR]
by guilty_parties | 2009-09-29 20:20
a0137021_2058193.jpg


自分自身、これほどまでにって感じなんですが、赤ちゃんて可愛いですね。

妹の赤ちゃんで、この状態。

これが自分の赤ちゃんだったらと想像してみると・・・。

目に入れても、痛くないでしょう。完全に。

僕の将来、必ず親バカッス。

そんな赤ちゃんに叔父さんからプレゼント。

a0137021_2164156.jpg


近いうちに、新潟に行こうと思ってるんですが、なかなか時間が作れません。

それを考え、3ヶ月~6ヶ月の服にしておきました。

急成長してしまい、この服が着れなくなったらどうしよう・・・、なんて考えてしまってる。叔父バカッス。
[PR]
by guilty_parties | 2009-09-28 20:57
今日は、社長との面談の日です。

どんな話しをされるのか、ぶっちゃけ楽しみです。

いろいろイメージ。

社長: 来月から君は、コリン星に異動だ。

僕 : えっ マジすか!

こんな冗談を真顔で言ってくれる人の下で働きたい。

こんな冗談を真顔で言える人で、ずっといたいです。

最近、寝てばかり、更新できず、ごめんちゃい。

パッパラピーって感じです。


面談を終えて

今後の話しを聞かされました。

僕の今後は、明るそうです。

長年に渡りお世話になったお店とお別れの時がやってきそうです。

社長は、僕にかなり期待をしてるようです。

ただ、僕が僕自身に期待してる期待よりは、だいぶ少ないですが(笑)

僕は毎日、期待してます。自分自身に。

考えなきゃいけない問題として、僕はカレーしか作れません。

毎日カレーの生活じゃ期待も持てません。

ちなみに、僕はバーモント派、社長はジャワ派だそうです。

辛さは、共に中辛です。

それを社長に聞いてたら、君は自由だね!と言われました。

余計なお世話です。


この街と一緒に仕事出来る日までのカウントダウンが始まってます。

人生も生まれた瞬間からカウントダウンが始まります。

刻一刻を楽しみましょう!
[PR]
by guilty_parties | 2009-09-28 08:28
僕は昔、イジメ関連の本を読み漁ってた時期があった。

イジメは、いけません。

どの本にも共通して書いてあること。

<いじめる方が悪いが、いじめられる方にも問題がある>

僕は、一見チャラチャラしてるように思われるのだけれど、実は、真面目(笑)

笑うところではない。

いじめる要素をたくさん兼ね備えた人がいれば、突っ込みたくなる。

けれど、それは、時間の無駄だし、何も生み出しはしない。

大切なコトやモノを奪い去っていくような気もするので、一切、関わらないことに決めた。

【アイ ラヴ ユー】とデカデカと書かれたTシャツを着てる場合ではない。即効で脱げ。

心の底では、早くしっかりしてほしい気持ちも少しはあるが、たぶん無理でしょう。

一人の女性を一途に思うこともさえもできないのなら、人を好きにならなければいいと思う。

まあ、だから、好きな人がいながら、合コンに参加したり、メル友を作ってしまうのだろうけど。

偽ろうとする心意気が、実に、哀れ。

僕は、堂々と気持ち良く生きていきたいと思うし、騙すなら、騙される方が幸せだと思う。

必ず。巡り巡るので、正々堂々と正直に、これからも変わらずやっていきたいと思います。
[PR]
by guilty_parties | 2009-09-27 03:27
この厳しい時代の中、共に戦ったクレジット会社の営業マンが異動になる。

10月から神戸へ。

ビジネスのパートナーは、選ぶことができません。

大きな武器を一つ、失いました。

同じ年、共に評価し合う良きライバルだったのに。

うちの会社もこの10月に異動があります。

僕は、どこに飛ばされるんだろう(笑)

東北より、中国・四国地方がいいなぁ

どうせじゃ、県内じゃなく。
[PR]
by guilty_parties | 2009-09-26 14:34
a0137021_2043326.jpg

ハイ・エンド・スタイル・マガジン<HUgE>から抜粋した写真。

今回のテーマは、<クラシカル・ダンディズム 1920~30年代の伊達男スタイル>

この雑誌のインデックスに、僕が日頃、お世話になってるショップ<SeeSaw>が掲載されてます。

僕が日頃、着用させて頂いてる<ワコマリア>を取り扱うお店。

僕は、音を感じさせるモノに弱い。洋服に限らず。


[PR]
by guilty_parties | 2009-09-25 20:43
考えてみれば、出産予定日は、9月27日でした。

でも、なぜか変な胸騒ぎがして、ピシッとした服装で出掛けました。

おじいちゃんおばあちゃんが眠るお墓へ、お墓参り。

小さい頃に生まれ育った街を車で走っても、住んでた家もおじいちゃんおばあちゃんの家もない。

住んでた家の跡地は、今は駐車場。おじいちゃんおばあちゃんの家の跡地は、空き地。

でも、不思議と当時の映像がフラッシュバックして、なんだか懐かしく、泣いてしまう。

昔は、広く感じた路地も、今見ると、もの凄く狭い。

ただ、家の跡地とおじいちゃんおばあちゃんちの跡地以外は、変わり映えしない風景でホッとした。

気晴らしに街を歩いてたら、母親から電話。

妹の出産の知らせ。

僕は、生まれて初めて、心の底から<おめでとう>と母親に言ったと思う。

街にはたくさんの人がいるのにも関わらず、再び号泣(笑)

傍からみたら、確実に怪しい。ウール地のセットアップスーツ(パンツは七部丈)を着た男が街で涙。

最高に格好悪い、忘れられない思い出一丁上がり!

アイフォーンにメールが到着。

メールをメールで返すのが勿体無くて、電話。

<叔父さんになっちゃいましたね>の一言が、実は嬉しかった(笑)

今日は、僕的に記念日だったので、この子と飲みに行きたかった。

決して、誰でも良かったとかそういう問題ではない。

偶然にもメールが届いた。そんな感覚。

もちろん場所は<hasty party

彼女に、コレ、頂きました。
a0137021_1994931.jpg


ディズニー・シーのお土産です。

ディズニー・シーに行ってたのは知ってたんですが、お土産には、本当ビックリしました。

しかも、ハスティーのスタッフとたまたま居合わせたお客様にも。

こういうエンターティナー的なサプライズをする人、僕は好きです。

前に、このブログでも書いたのですが、僕はお土産は絶対買って帰りません。

でも、今日でこの考えとは、さよならです。

次回、どこかに行った際は、お土産を買って帰ろうと思います。

僕の価値観を変えられてしましました。コレは、凄いことです。

この時、僕は、妹の出産の喜びで泣いてしまった話をし、泣いてもおかしくない状況を作りました。

が。

本当は、このエンターテナーっぷりのサプライズの涙を隠すための言い訳でした。

非常にダサいですが、ココでカミングアウトしときます(笑)

楽しい一日でした。

何の予定もないさりげない1日が、妹の入院の連絡をきっかけに、絵に描いたような完璧な物語。

1日の中に喜怒哀楽が詰まった本当大切な一日を過ごすことが出来ました。

あっ、怒りは一つも存在しませんでした。

あっ、哀もありませんでした。

昨日、僕と顔を合わせた人、全員にありがとう!
[PR]
by guilty_parties | 2009-09-24 19:33
無事に出産。

女の子。

母子ともに健康。

おめでとう!

我が妹。
[PR]
by guilty_parties | 2009-09-23 10:12
妹の出産が近づいてます。

僕には、小さい頃から妹との思い出は、ほとんどありません。

なんもやってあげれてないのです。

何年か前に結婚して、今は新潟県にいるのですが、そんな妹が出産します。

小学校の高学年くらいから高校の途中まで、僕は比較的、荒れた生活を送ってました(笑)

妹からすれば、邪魔な兄貴だったでしょう。(彼女も結婚式の時、そう言ってました)

泣きじゃくる僕を見ながら・・・

妹の結婚式。

僕は、会場に入る前から涙が止まらず、凄い悔しい思いをしました。

<俺は、兄貴として、妹に何もやってあげれてねーじゃんか>

たぶん、生まれて初めて家族の前で流した涙です。

今は、妹もたまには電話をよこしたりしてくれますし、僕もイレギュラーに新潟に行ったりします。

とても、幸せそうです。

このブログを読んでくださってる方の中にも、兄弟が居ると思います。

大切にしてくださいね、兄弟。

本当は、まだパソコンや携帯を持ってないような子どもに伝えたいんですが。

a0137021_1395560.jpg


何事もそうです。時間は巻き戻しできないので、後悔がないように。
[PR]
by guilty_parties | 2009-09-23 05:37