<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

僕が一番ファッションに興味があった頃に眺めていた雑誌【カジカジ】

関西発の雑誌で山梨では手に入らず都内に行き購入し、友達と回し読みをしてました。

【カジカジ】と【カスタマ】

【カスタマ】は最近、都内でも見掛けないので廃刊になったんだろうか?

最近じゃカジカジが容易に手に入ると状況で久々に購入してみた。

相変わらず個性的な関西発のスナップが紹介されている。

実際、僕の感性刺激するスナップは、極僅か。当たり前なんですが。

これだけ情報に巡れた環境がこの山梨県にも備わってるのにも関わらず。

状況は全く持って変わってないような気がする。

山梨県に限ったことじゃないんだろうけど。

ただ、大切なのは、悲しいけど、人間中身。

踊る大捜査線観て来ました。

内容もさることながら、久々に気持ちが熱くなるような素晴らしい作品で楽しめました。
[PR]
by guilty_parties | 2010-07-28 21:15
最近、暑さのせいか高速道路で故障をしてる車をよく見掛けます。

そうならない為に、点検を。

車も人間同様、夏バテしますんで。
[PR]
by guilty_parties | 2010-07-26 21:47
a0137021_1810293.jpg

[PR]
by guilty_parties | 2010-07-21 18:10
大好きな街、福生にある家具屋さんで一冊の本を買いました。

a0137021_12523079.jpg


僕は生まれ育った家が平家のアパートだったせいか平家に憧れている。

この本を読んで、やっぱり平家に住みたいと切に願う。

八王子に住んでた頃、同級生の家の半分は平家だった。気がする。

二階建ての家は金持ちの証だと信じて疑わなかった。

しかし、平家は金持ちという言葉を中学生の頃に知った。

確かに二階建ての家に比べて、納める税金が平家の方が高いらしい。

ただ、僕が住んでた平家は、便所も共同のアパート(笑)

当時、平家の便所共同のオンボロアパートというのは苦痛だった。

でも、今考えると貴重な体験だったようにも感じる。

一つの大きい屋根の下に様々な家族が住み、暮している。当然、生活のリズムは異なる。

その平家生活が、今の僕の何らかの肥になってるに違いない。

だから、平家に住みたいと願ってしまうのだし、きっと。


この本を読むのも良いかもしれませんが、一度で良いので福生の街を歩くことをお薦めしたいです。
[PR]
by guilty_parties | 2010-07-20 21:02
このブログを若干ながら楽しみにしてた方々、申し訳ございません。

前回の更新からまるまる三ヶ月のブランク。

ブランクを感じさせない更新をしたいと思います。

意気込んで更新しようと思ったもののiPadからなので画像が添付出来ません。

イマジネーションを膨らませて読んでみてください。

トイストーリー3を観て来ました。

とても感慨深い映画で、後半は涙が流れました。

誰にでも小さい頃に大切にしてたオモチャがあると思います。

しかし、大人になるに連れ、そんなオモチャの存在を思い出すことは皆無に等しいと思います。

僕にとっての思い出のオモチャは、【トミカのミニカー】です。

物凄い数のトミカのミニカーを持ってました。

そのミニカーを与えてくれたのは、両親であり、母方のおばあちゃんだったりします。

おばあちゃんは、通院の帰り道、トミカのミニカーをお土産に買って来てくれました。

それを僕は楽しみにし てました。

それを子どもながら当たり前に感じてしまい、ミニカー達を大切にしてなかったように感じます。

今では、当然ながら当時のミニカーは手元に残ってません。

無くしたり、引越しの際に処分してしまったのでしょう。

とても、残念ですが、当然といえば当然かもしれません。

トイストーリー3の後半で、おばあちゃんとトミカのミニカー達が頭に思い浮かびました。

トイストーリー3は、忘れてはいけない大切なことを思い出させてくれました。


映画を観た帰り道、おじいちゃんおばあちゃんの墓参りをしてきました。

小さい頃、両親と同じくらい僕を可愛がってくれたおじいちゃんおばあちゃん。

1年に数回、気が向いた時に訪れます。

夏のおじいちゃんおばあちゃんのお墓参りは、蚊との戦いでもあります。

痒くてたまらないのですが、我慢です。

ミニカーを大切にしてないことを知ったおばあちゃんの気持ちに比べたら、痛くも痒くもありません。


僕が今出来るおじいちゃんおばあちゃん孝行は、僕の現在を定期的に報告すること。

これを怠ることは出来ません。


この夏は、おじいちゃんおばあちゃんに僕の大切な彼女を紹介してきました。

おじいちゃんおばあちゃんも彼女を大歓迎してくれたのと同時に、蚊も彼女を歓迎してくれました。


去年の9月に姪っ子が生まれました。

成長が著しく驚かされるのですが、僕らも同様に目に見えなくとも成長してます。

今を大切に、後悔しないよう日々を楽しみたいです。
[PR]
by guilty_parties | 2010-07-19 21:06